マンション管理士 試験

マンション管理士の試験は正確さが要求される

ここでは少しマンション管理士試験の特性について述べて見たいと思います。

マンション管理士の試験問題の特徴に推論させるということが上げられます。
どう言うことかというと、通常の国家資格の場合、テキストに載っていることや講義で聴いたことが、そのまま試験に出題されます。
極論を言ってしまえば、テキストに書いてあることをそのまま暗記してしまえば良いのです。
(現実は無理ですが)

しかし、マンション管理士の試験に限って言えば、テキストに載っていることが出題されるのは、ほとんどありません。それはどんなに良いテキストでも一緒です。
多分出題者がそうなるように問題を作っているのです。

ですから、マンション管理士の試験は、今まで勉強したことを組み合わせて、答えを推測しなければなりません。
つまり、思考力が問われる試験だということです。

では、皆さんはどのように勉強していけば良いかということになります。
それは、一つ、一つの法律を正確に理解していくのです。

どんなにテキストに載っていない問題が出題されるといっても、大元は法律から作られます。
その法律を正しく正確に理解すれば、ある程度答えを導き出すことが可能になるのです。

そのために必要なのが講義です。
正しく正確に理解するためには、その法律の背景を理解することが重要になります。
ただ、それをテキストだけでまかなうのは容易な事ではありませんし、そもそも全ての情報を網羅しているテキストなど存在しません。
ですから、テキストに載せられない情報や載せきれない情報を補うために講義が必要となるのです。

別のページでマンション管理士の試験に独学で挑戦するのは難しいと説明しましたが、その理由は教材や学習ポイントなどの問題があるからです。
ですが、それ以上にマンション管理士の試験の性格が独学と合わないのです。
もちろん最終的な勉強法を決めるのはあなたですから、独学を否定するつもりはありません。

ただ、目的はマンション管理士の試験に合格するということで、独学で勉強することではありません。

もう一度ここで合格するために何が必要か考えてください。
それでも独学で勉強すると言うのなら、是非頑張ってください。

<特典>わずか3万円台でマンション管理士試験に合格するための秘密?

次のページ >>