マンション管理士試験 通信教育

良い通信教育の条件とは?

通信教育は学校選びさえ間違いなければ、非常に有効的な勉強だと紹介しました。
そこで、このページではどのような観点で通信教育を選べば良いか、ポイントをアドバイスさせていただきます。
素直にポイントの通り通信教育を選べばまず失敗しません。

良い通信教育の選択ポイント

■受講料は5万円以内か?
通信教育の場合、常に講師を常駐させとく必要のないことと、学校を持たないので賃料がかかりません。そのため、受講料が非常に安くなっているのが特徴です。
5万円という金額は様々な通信教育を見てきて、このくらいが妥当という感じです。
このサイトでは何度も紹介しているように、3万円台でも十分に合格できる通信教育があります。

■テキストは合格点主義の内容になっているか?
勉強量が多くなりすぎると大抵の方は挫折してしまいます。一番良いテキストというのは出題傾向を分析して、的確にポイントを集約していることです。
そのようなテキストだと、ピンポイントで勉強できるので、無駄な学習を省くことができます。
もちろん、フルカラーになっていたり、図表を多用したりして理解しやすいような内容になっていることも必要です。

■DVD講義は付いているか?
講義メディアが必要であることは言うまでもありませんが、重要なのはDVD(パソコンでも可)であることです。
何故なら、講師の顔を見ながら、講義を受けたほうが視覚的効果を生み、より学習効果が高まるからです。ただし、外出先でも勉強する機会があると思うので、その場合はCDも有効です。
可能であれば2つとも用意するのが理想です。

■通信教育専用に収録し且つハイビジョン撮影しているか?
DVD講義の場合、内容も大切ですが、映像の迫力も大切です。
教室での講義をそのまま撮影しているDVD講義を見かけますが、あれだと講師と目線が合わず、講義を受けている気分になりません。
その結果、すぐに飽きてしまい、モチベーションを落としてしまいます。

その逆に、通信教育専用に撮影したものだと、マンツーマンで講義を受けている感じになりますし、さらにハイビジョン撮影していれば映像に迫力が出て、楽しみながら勉強していけます。

■受講生をしっかりとサポートしてくれているか?
疑問点や不明な点を質問して解決してくるのも通信教育の特徴です。
ただし、現在の通信教育では当たり前になっています。
それ以外にもインターネットで、講義が聴けたり、テストが受けられたり、学習スケジュールを管理できたりするe-ランニングがあるか?
携帯での学習機能があるか?スムーズに学習を進められる手引書があるか?などのサポートをしっかりとしてくれることが重要です。

以上が通信教育を選択する上でのポイントです。このポイントを網羅しているところを選んでください。
尚、どのポイントが重要ですか?と聞かれることがありますが、全て重要です。
一つでも該当しないところを選ぶのは止めてください。

ここはマンション管理士の試験に合格する上での肝になり、一つでも妥協してしまえば、合否に左右してきます。
多少時間をかけてでも良いので、慎重に選んで欲しいと思います。

<特典>わずか3万円台でマンション管理士試験に合格するための秘密?

次のページ >>