マンション管理士試験 独学

マンション管理士の勉強法を選択する

マンション管理士の試験は受験資格がなく誰にでも平等にチャンスが与えられ、合格のチャンスもあります。
そのチャンスを活かすか、活かせないかの第一関門は、どのような勉強法を選択するかです。

一般的に勉強方法とは3つに分類され、全て自分でまかなう「独学」、教室で講師の指導の下、勉強する「通学講座」、教材やカリキュラムを提供してもらい自分のペースで勉強する「通信教育」になります。
では、マンション管理士に合格するためにどの勉強法が良いのか検証していきましょう。
まずはマンション管理士の独学からです。

マンション管理士の試験に独学で勉強する場合、考えられるメリットは費用の安さと言われています。
しかし、果たしてそうでしょうか?

マンション管理士に合格するために必要になる教材は、テキスト、問題集、法令集などに加え、法改正の対策講座(通学講座や通信教育)、模擬試験が必要になります。
これらを合わせるとどんなに安くても3万円以上はしてしまいます。

一方、講義メディアがついていて、合格するための教材を一式揃えてくれる通信教育は安いところなら3万円弱で受講できてしまいます。
つまりマンション管理士の学習市場において、独学での価格の安さというメリットがなくなってしまっているのです。

あとは、マンション管理士の独学ではデメリットしかありません。
例えば、教材です。
マンション管理士の試験問題は、より実践に近い問題で、覚えた知識を利用して、どのように解いていくか思考力が問われます。
そうなると一つ一つの知識に対して深い理解が必要になるので、講義を聴く必要が出てきます。

しかし、マンション管理士の独学での勉強はテキストだけになり、知識を深く理解するどころか。
知識そのものも理解できない可能性があります。

また、本試験の出題ポイントがわからず無駄な勉強が増え、どのように勉強していけばよいかカリキュラムもわかりません。

低費用で勉強できるというメリットもなくなり、その他のメリットもない以上、マンション管理士の試験を独学で勉強する意味がほとんどなくなります。

もちろん、マンション管理士試験を独学で合格した人もいます。
ですが、そういったごく一部の勉強ができる人を参考にしても、普通の人が実践できるとは思えません。

マンション管理士に合格したいと思えば可能な限り独学は避けてください。

<特典>わずか3万円台でマンション管理士試験に合格するための秘密?

次のページ >>