マンション管理士試験 難易度

マンション管理士試験の難易度!

マンション管理士の試験を受験するかしないかの一つの判断基準になるのが、マンション管理士試験の難易度です。
難易度が高すぎてとても合格できないと思えれば諦めるでしょうし、少し頑張って合格できるなら、受験してみようと思うはずです。

はじめに結論も申し上げるとマンション管理士の難易度はとても高く、簡単に合格できる試験ではありません。

ただし、このサイトに書いていることを忠実に実行すれば、十分合格の可能性はあります。
現に勉強が苦手で、マンション管理の知識がない方でも合格したケースがあります。

では、マンション管理士試験の合格率を見ながら難易度解説していきましょう。

年度

受験者

合格者

合格率

合格点

平成16年度

31,278人

2,746人

8.8%

30点

平成17年度

26,184人

1,909人

7.3%

34点

平成18年度

21,743人

1,814人

8.3%

37点

平成19年度

19,980人

1,479人

7.4%

36点

平成20年度

19,301人

1,666人

8.6%

37点

平成21年度

19,120人

1,444人

7.6%

34点

平成22年度

17,704人

1,524人

8.6%

37点

平成23年度

17,088人

1,587人

9.3%

36点

平成24年度

16,404人

1,498人

9.1%

34点

平成25年度

15,383人

1,265人

8.2%

38点

平成26年度

14,937人

1,260人

8.4%

36点

この数字をみてわかるようにマンション管理士試験の合格率は例年1ケタ台です。
合格率が1ケタ台だということは、どのような背景があろうとも難易度が高いということは理解できると思います。

しかし、10人も受けて1人も合格できような試験かと言われればそうではありません。

マンション管理士のように受験資格がない試験だと様々な方が受験され、受験者のレベルにバラつき出てしまいます。
特に多いのが、「とりあえず受験して合格できたら儲け」とか、出題形式が選択肢なので、「もしかしたら運良く合格できるかも」といような受験者です。

実際問題、合格レベルにある受験者は、合格者の2倍か3倍程度と言われています。
つまり、マンション管理士の試験においては、多くても3割程度しか合格圏内のレベルに達している人がいないということです。

これがもし、レベルの高い国立大学や私立大学のように受験者のレベルが一定なら、正直諦めるしかないと思います。

ですが、マンション管理士の試験は違います。
しっかりとした試験対策をしていない受験者が多く、それらの存在が合格率を下げてしまっているのです。
このことがマンション管理士試験の真実ということです。

<特典>わずか3万円台でマンション管理士試験に合格するための秘密?

次のページ >>